自力整体 やり方

自力整体の簡単なやり方

スポンサードリンク

自力整体の簡単なやり方

従来の整体方法に、東洋医学の代表的な存在である指圧をブレンドし、それぞれが自分で自分に施せるように開発された自力整体は、全身の慢性的な不調を取り除くのにも、病気を予防するのにも、大変効果的な整体方法です。

 

 

自力整体の簡単なやり方としては、寝転がった姿勢をとり、そのまま足を上げていき、頭の上につま先がつくくらいまで持ってくることで腰の筋肉を緩めるというものがあります。これは一見ストレッチのように見えるのですが、そのように見えてもまったく別物であるのが自力整体というもので、これは書籍や付録のDVDを見ながらでも実行するのは難しいといわれています。

 

 

言葉で説明するが困難なのが、自力整体の特徴なのです。公民館のカルチャースクールや矢上先生のセミナーなどに行って直接指導してもらうのが、本来は一番効果的です。ポイントは、おなかのすいているときに、体の内側に注意を向け、力を抜きながら行うという点にあり、さながらヨガのようでもありますが、身体が固くてもできるという点において、ヨガとは大きく異なっています。

 

 

前述した足を上げるポーズも、無理に足を頭まで持っていく必要はまったくなく、力を抜きながらゆっくり気持ちよく行うことで、しっかり整体効果がえられるようにできています。

自力整体で参考になる本

整体は気持ちいいけれど、すぐに状態が元に戻ってしまいますし、通い続けるにはお金も手間暇もかかってしまうので大変ですよね。

 

そこでおすすめしたいのが自力整体というもの。
自力整体は、東洋医学の代表的な施術法である指圧を従来の整体法に組み合わせ、自分で自分に施せるようにした整体方法のことです。

 

 

対処療法的な観点ではなく、根本療法的な観点から、体の奥にひそむ痛みのもとをじっくりとほぐし、また血液、体液、そして生命エネルギーを全身にめぐらせることで、自然治癒力を高めさせ、痛みの解消と共に予防医学的な効果をも期待することが出来ます。

 

 

自力整体は、その開発者である矢上裕の書物やDVDを通して簡単に学ぶことが出来ます。
最も基本的なものは、最新作でもある「自力整体の教科書」です。これまでの著作の集大成でもある本作は、自力整体のやり方から基本的な理念としくみ、食事の方法、はては精神面についてまで幅広く触れているので、自力整体の入門書には最適です。

 

 

付録のDVDは、著者自らが実演しているのでとても分かりやすいです。体の痛みに悩んでいる人は、「痛みを治す自力整体」がおすすめ。生活習慣の改善についてと、自力整体の詳しい実践方法がのっていて、日常的な体の痛みを根本から取り除く手助けになってくれることうけあいです。

スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ